【WhiskeyReview】ブラックニッカクリアブレンド - お安く、気軽に、ゴキゲンに【Japan】

 ブラックニッカクリアブレンドもまた、スーパーなどでもおなじみの身近なリーズナブルウィスキーであろう。

 安く、気軽に飲めて、これといった不快感などはない、そんな印象のウィスキーである。価格はトリスクラシックと同じくらいか、ちょっとだけ高いか、といったところだろう。

 なんでもこのウィスキー、モルトを乾燥させるのにピート(草炭)を使用しない「ノンピートウィスキー」をグレーンウィスキーとブレンドしたものだそうで、それゆえに香り、味ともすっきり飲みやすいものになっているとのこと。

 若い頃は特に何も考えずに飲んでいたこのウィスキーを、あらためて、じっくりと味わってみたいと思う。

家で楽しく酔っ払うには最適な酒のひとつ

 蓋を開けて香りを嗅いでみる。香りは弱い、というよりない、くらいかな? と思いきや、グラスに注いで空気に触れさせると、ほんのりとウィスキーらしい香りが生まれた。

 ストレートで口に含む。この段階ではなかなかにとんがっている。スパイシー? ではないが、口内にビリビリと刺激を感じる。ほろ苦さも強い。

 だがある程度の水で割ると、そのスパイシーさが適度なほろ苦い旨味へと変化する。気負わないカジュアルなおいしさ。お茶系のドリンクともよく合う。

 ウィスキーソーダにすると楽しい。炭酸水の酸味とウィスキーの刺激がうまく融合しあって、ゴキゲンな飲み口となる。

 味を比較する対象としては同価格帯のトリスクラシックだろうが、クリアさ、という点ではむしろトリスクラシックの方がクリアな味わいであるように思う。そのかわり、トリスにはない旨みや刺激がある。

 うん、やっぱブラックニッカはいいね。そりゃ劇的においしいわけじゃないが、家で楽しく酔っ払うには最適な酒のひとつだ。