パルタガス(ドミニカ) ブラックラベル プリトス

 ドミニカ版ブラックラベルのプリトスは、長さ約104mm、太さ約14mm。そこそこ太めのプリトスサイズで、本来は6本セットを缶入りで売っているティンシガーである。

 ほぼ黒に近いブラックブラウンのボディに、黒に金色をあしらったリングからは、品格ある豪華さを感じさせられる。

 シガーコネクションで購入したティンシガーフルセットに含まれていた一本である。

みずみずしいエネルギーを生む渋味

パルタガス(ドミニカ) ブラックラベル プリトス

 本体の香りはごくわずかで、どこか木っぽい、あるいは土っぽい印象。

 しかしフラットカットして着火すると、ふわりといい香りがただよった。何の匂いかと言葉にするのは難しいが、エキゾチックなお香のような、芳ばしくも不思議な香りである。

 ドローはキツすぎず緩すぎず。ちょうどよく引き締まっている、といった感じ。

 煙をたっぷりと口に含む。うまい。ほろ苦さ、スパイシーな旨みが絶妙に混じり合っている。

 その奥にはしっかりとした甘さもあり、その甘さにはどこかフルーティな風味も含まれる。

 吸っていくとだんだんと塩気が感じられてくる。ハーブをたっぷりと入れ、さまざまな具材で出汁を取った、渋味あふれるスープのイメージ。

 たまらない渋味に目を閉じる。それから目を開けると、熟睡から覚めたように目の前が明るく感じられ、気分は軽くなっている。

 イメージされる情景は、大地のエネルギーをたっぷり吸い込んだ岩塩。あるいはその岩塩豊富な大地で育った樹。そこになる果実。

 私的分類としては、生命の根幹的なエネルギーが与えられるようなアップ系。

 ドミニカンパルタガスはキューバ本家のものとはまた異なる、本家に負けないうまさがあるという声も聞く。さもあらんと思う。

 特別な仕事を成し遂げた後などに吸うと実にうまいだろう。あるいは特別な仕事の前、気合を入れるために吸うのも良さそうである。