ロッキーパテル ヴィンテージ 1990 ジュニア

 ロッキーパテルのヴィンテージ 1990 ジュニアはホンジュラス産ティンシガー。

 「12年物のホンジュラス産ラッパー、5年間寝かせたフィラーとバインダーを丁寧に巻き上げた」というその味わいは、いかにもしっかり熟成されたタバコ葉の旨味と深みに満ちている。

 シガーコネクションより取り寄せたティンシガーフルセットに含まれていた一本だ。

勇気と力強さを湧きあがらせる旨味

ロッキーパテル ヴィンテージ 1990 ジュニア

 長さ約101.6mm、太さ約15.1mm。かなり太めのプリトス系、あるいは短めのハーフコロナ系といってもいいかもしれない。

 ダークブラウンのボディに、ワインレッドのリングがふたつ。なかなかに高級感を感じさせる外観である。

 表面からは、チーズとカカオが混じったような香りがほのかに漂う。

 カットはフラットカットとした。それなりの太さがあるので、パンチカットでもOKだろう。じっくり炙って着火する。

 味はすばらしい。最初の一口から「うまい!」と唸ってしまった。

 スパイシーさとコクのある旨味。ときどきふわりふわりと強みを増す甘さ。隠し味的なビターさは全体的な味わいを絶妙に引き締めている。

 いやうまい。私の好みにぴったり合ったというだけかもしれないが、実によかった。

 そういえばホンジュラス版パンチのプリトスもおいしかったし、私は案外、ホンジュラスシガーとの相性がいいのかもしれない。

 イメージされる情景は、地の底のマグマ。だがそれは静かに、優しく地表へと熱を伝え、大地に恵みをもたらす。

 私的分類としては、勇気と力強さが湧いてくるようなアップ系。

 昼間でも夜でも、気力やエネルギーを充填したくなったときに吸いたいシガーだ。