ダビドフ ウィンストン・チャーチル ラコントゥール

 最も高名なシガー愛好家ひとりウィンストン・チャーチル。

 その名を冠したダビドフの人気シリーズ、そのペティパナテラがウィンストン・チャーチル ラコントゥールである。

 高級感あふれる王道的シガーの味わいを存分に楽しめる。

蕾が花開くように現れる甘さ

ダビドフ ウィンストン・チャーチル ラコントゥール

 長さは約102mm、太さは約15mm。本体からはちょっと発酵したようは優しい木の香りがする。

 フラットカットして着火。ボディの中には葉がしっかりと詰まっている感があるが、ドローは申し分なくグッド。

 最初はスパイス感の効いた王道的なほろ苦さがくる。これは高品質なビターさ。苦味を感じながら、しみじみと「いいな~」と感じさせられる。

 やがてフローラルな甘さがふんわりと姿を見せ始める。蕾が花開き、フルーティな蜜の香りを放ち始めたかのよう。

 最後の方になると、スパイス感が再び前へ出る。旨い塩っぽさも現れる。

 味わい的にはミディアム。重さ的にはそこそこヘビー。満足感も十分だ。

 イメージされる情景は、南国の都市部。都市の一歩外に出れば原始のままの大自然。雄大な森に囲まれるなか、宝石のようにきらめく高層ビル群。

 私的分類としては、高級な感性が目覚めるようなアップ系。

 ダビドフの中では(セレブの人に対して)「気軽にデイリーで吸いなよ」というようなラインナップなのかも知れないが、庶民にとっては十分高級なシガーである。

 日常生活の中で吸うにしても、特別なタイミングを選び、この奥深さをじっくりと味わいつくしたい。