パルタガス チコ

 パルタガスのチコは長さ約106mm、太さが直径約11.5mmくらいのドライシガー。要はプリトスであり、実際チコというのはプリトスの別名であるようだ。

 パルタガスらしい濃厚さと強さを、まったりと味あわせてくれるシガリロだ。

じわじわふつふつと燃える内なる炎

パルタガス チコ

 5本入りで一本一本フィルム包装されている。

 本体の香り、というか臭いは、意外とそれほど強くはない。土を嗅いでいるような、枯れ草のような―――大地を感じさせる臭い。そしてわずかな発酵臭。

 着火し吸ってみる。パルタガスらしいビターさと、その奥にある野太い旨味。それらが、やはりクラブやミニシガリロ に比べるとまろやかに口の中に充満する。

 刺激や辛みもソフト。それでも、大量の煙を鼻に通すとガツンとはくる。

 吸い続けると、じわじわと、ふつふつと、湧きあがるエネルギーがある。下腹部のあたりから、じんわりと熱い、落ち着いた闘志のようなものが生まれてくる。

パルタガス チコ カタログ

 タバコ屋でもらったハバノスシガリロガイドによると、味わいの強さは4。

 ストロングではあるが、やはり太さゆえマイルドなので、吸いやすく味わいやすいシガリロといえるだろう。

 私的分類では、ファイトとクールさを同時に与えてくれるアップ系。

 ある程度の時間をかけ、じっくりと闘志を燃やしたいときなどに吸いたい。