ロッキーパテル ヴィンテージ1990

 ロッキーパテルのヴィンテージシリーズの中では個人的にお気に入り、1990のペティコロナを吸ってみたい。

 4.5インチ44RG(長さ約114.3mm・直径約17.46mm)。いわゆるボックスプレスなのか、やや四角っぽいシェイプとなっている。

ペティコロナのほどよい充足感

ロッキーパテル ヴィンテージ1990

 暗褐色のボディからは、どこかブランデーチックな香りがするように感じる。

 フラットカットして着火。吸ってみる。

 甘みの中にあるフルーティさ。まろやかでどこか不思議なスパイシーさとビターさ。それらが混じり合い―――最初に感じた香り通りの―――洋酒っぽい風味に。

 ドローは問題なし。結構リーフが詰まっているので、それなりに締まった感じ。

 ボディはミディアム。喫煙時間は40分。

 イメージされる情景は、ヨーロッパの古く歴史のある酒蔵。

 私的分類としては、まったりとお酒を飲んでいるような気分になるリラックス系。

 ノンキューバンの基準といっていいロブストサイズが大きすぎる、と感じる方にはいいサイズ感。ほどよいくつろぎと充足感を与えてくれるだろう。