ダビドフ レッドミクスチャー

 ダビドフのレッドミクスチャーは、ブラックキャベンディッシュを用いた贅沢なブレンドのパイプタバコ 。

 上品で上質な、王道的着香タバコであるように思う。

ハイレベルな「ありがちな味わい」

ダビドフ レッドミクスチャー

 タバコ葉自体の香りは、甘酸っぱい、ヨーグルトっぽい香り。

 丁寧にカットされており、硬い部分などもないので、詰めるのは簡単。火付も良く、また燃焼はグッド。

 煙の中には、ちょっとナッツっぽい風味がある。それと同時に、本潤なフルーティさと酸味もある。それらの奥にあるほのかな甘味。香りもまた、強すぎず上品である。

 ボディはライト~ミディアム。基本マイルドだが、過燃焼させると酸味がキツく感じられてしまう。ゆとりを持って、ゆったり香りを楽しむつもりで喫煙したい。

 いくつかの要素が組み合わさった味わいではあるけれど、それらの要素ひとつひとつにはピュアさがある。雑味に類するようなものは少ないと思う。

 際立った個性やユニークさはない。いってみればありがちな香り、ありがちな味わいではある。だがそのありがちな要素それぞれがハイレベル。レベルの高いありがちさとは、すなわち王道といえる。

 イメージされる情景は、薄暗い渋くおしゃれなバー。実際、バーなどでくゆらせても不評を買わない、むしろ香りを褒められそうなタバコであるように思う。

 私的分類では、頭をすっきりさせ酔いを覚ましてくれるようなリラックス系。

 ダビドフといえば言わずと知れた一流ブランドだ。その上質さにふさわしい、上質な吸い方をしたくなる逸品である。