ジノ プラチナム・セプターXS ティン

 プラチナム・セプターXSはダビドフの姉妹ブランド、ジノが製造するドミニカ産のプリトスティンシガー。

 本来なら10本が缶入りで売られているものだが、大越酒店販売のプリトスシガーセットに含まれていた一本でもある。

多くの味が溶け合って生まれるビターさ

ジノ プラチナム・セプターXS ティン

 長さ約101mm、太さ約12.7mmのボディからは、ほんのりとした発酵臭が漂う。ラッパーは明るいブラウンだが、シルバーのリングのためか、どこか渋く落ち着いた風貌に見える。

 着火して最初の一口から、様々な味わいが一気に流れ込んでくる。甘さ、ほろ苦さ、スパイシーな旨味、ナッツっぽい風味…そのなかでも特に甘さが前に出ている。

 まもなく、それらは均等に溶け合い、品格のあるうまいビターさに変わる。

 ダビドフの関連ブランドだけあって、品質の高さを感じる。ドロー、煙量ともちょうどいい。ボディは比較的ライトな方だろうか。

 脳裏に浮かぶ情景は、都会。高層ビルが立ち並ぶオフィス街。そのなかを走るスタイリッシュな高級車やスポーツカー。

 私的分類では、自分の気品や知性を高めてくれそうなリラックス系。

 夜よりは昼のイメージか。仕事の合間などに、ビジネスの新たな戦略や構想を練りながら吸いたいシガーである。