ミロ ロブスト

 ホンジュラスのリーズナブルシガーブランド、ミロのロブストをレビューしたい。

 長さ136mmに太さ19.8mm。5インチちょっとと50RGの、その名の通りロブストサイズで、カジュアルながらなかなかに奥深い味わいを楽しめる。

気軽に楽しめるホンジュラス・ミディアムフル

ミロ ロブスト

 ダークブラウンのボディ、チョコレート色に金のあしらいがされたリングはおしゃれで見栄えも良く、どこかかわいらしい感じもある。

 シザーでフラットカットして着火。

 まず口の中に流れ込んでくるのは、強めの塩気とスパイシーさ。まもなく、外観にふさわしいチョコレートの風味が含まれていることに気づく。ちょっとミルキーで芳ばしい、クッキーのような感じも。

 中盤くらいからは、さらに洋酒―――ブランデーの香りが現れる。喫煙が進むにつれ、その洋酒感は少しずつ強くなってゆく。葉巻らしい甘みや旨味もまた強まり、それらとブランデーボンボンの風味が共存する。

 ドローはいい。軽やかかつスムーズだ。

 一方、味わい、ストレングスともになかなか強い。ショップの記載ではフル。個人的にはミディアムフルといったところか。

 イメージされる情景は、古くからやってるシックな洋菓子屋さん。

 私的分類としては、適度な弛緩と幸福感をもたらすリラックス系。

 なかなか強めのシガーなので、夜、落ち着いた環境でお酒などとともに。それほど気負わず、気軽に楽しめるシガーでもあると思う。