【WhiskeyReview】ブラックニッカリッチブレンド - カジュアルな中にある優雅さ【Japan】

 ブラックニッカの、価格的にもお味的にも、名の通りちょっとリッチなのであろうリッチブレンドである。

 シェリー樽熟成のモルトウィスキー、それから樽熟成したグレーンウィスキーを使用したブレンテッドウィスキー。公式によるとロックで飲むのがおすすめなのだそうな。

はなやかで優美な香りと味

 リッチといっても700mlで¥1300ちょっとなので、十分リーズナブルウィスキーなのであろうが、高級感のあるラベル、外観は、気分を贅沢にさせてくれる。

 グラスに注ごう。複雑さの中に甘みのある、フルーティな香りを感じる。

 ストレートで一口。クリアブレンドに比べるとまろやかな味わい。ウイスキーらしい複雑な味わいの中に、香りにもあった甘みが主張をしている。

 ちびちびやるたびに、鼻に良い香気が抜ける。

 続いてはメーカーおすすめのロックで飲んでみよう。氷の上に注ぐと―――香りがグッとよくなる。フルーティさがより鮮明になる。味わいが引き締まり、渋みや苦味がキリッとしてくるが、それもまたいい。甘みは後から香るように訪れる。

 加水するととてもまろやかになり、どこかとろっとした飲み口になる。苦味や酸味はやわらぎ、優しい甘さが残る。

 ウィスキーソーダ。スパイシーな旨みが上品に生じる。カジュアルでライトなおいしさの中に、まさにリッチな優美さがある。

 うん、おいしいね。気に入った。自分、ブラックニッカとは相性がいいのかな。

 価格を考えるともちろんカジュアルなウィスキーなのだけれど、そのカジュアルさの中にちょっとの贅沢さや優雅さを追加したいとき、よさそうなウィスキーだと思う。