ホセエルピエドラ コンセルバス

 ホセエルピエドラのコンセルバスを吸ってみたい。

 5.51インチ44RG(長さ約140mm・直径約17.46mm)とコロナ系のサイズで、リーフはショートフィラーであるようだ。
 

大きな味の変化のあるショートフィラー

ホセエルピエドラ コンセルバス

 ゴツゴツした外観の表面からは、むわりと獣じみた臭いがする。シザーでフラットカットして着火する。

 吸ってみる。ショートフィラーだが、リーフはしっかり詰まっている。ドローはほどよい。

 若干のタニックと青臭さ。力強い木質とともにある白胡椒。土を思わせるビターさ。その中にあるほのかな甘み。

 中盤以降、タニック、青臭さ、ビターさは少しずつ控えめに。甘さが強くなるとともにナッツ系の旨みやコクも出てくる。

 終盤、前半は気になっていたタニック、青臭さ、ビターさはほぼ消えてなくなる。スパイスで味付けされた芳醇な甘みと旨み、コクをしっかりと楽しめる。

 この変化はなかなかに驚き。正直、序盤は安葉巻らしくお味もお値段相応かな? という感じだったが、後半は実にうまい。

 ボディはミディアム程度だと思うが、ちょっと刺激は強めかもしれない。

 喫煙時間は50分くらい。

 イメージされる情景は、たくましい雑草を育む野の土。

 私的分類としては、力強いエネルギーを与えてくれるアップ系。

 リーズナブルなショートフィラーでも馬鹿にはできない、そう思わせてくれたシガーである。