アップマン(ドミニカ) 1844 レゼルヴ アペリティーフ

 アップマンのプリトス系ティンシガー、1844 レゼルヴ アペリティーフをご紹介する。キューバ本家ではなく、ドミニカ版のアップマンだ。

 長さ約100mm、太さ約13mmのプリトス系ボディから立ち昇る煙は、本格的な葉巻が有する、良い意味での渋さのようなものがふんだんに含まれている。

 シガーコネクションにて購入したティンシガーフルセットに含まれていた一本だ。

哲学的な思案のおともに

アップマン(ドミニカ) 1844 レゼルヴ アペリティーフ

 本体の表面からはちょっとココアっぽい香りがする。

 フラットカットして着火。ドローはちょっと硬め。しかしちゃんと味のある煙は入ってくるので、焦らずにゆっくりと吸いたい。

 味としては王道的なビターさ。ほろ苦さを味わっていると、口の奥の方、喉のあたりに旨みが残るように感じる。ほのかナッツ系のテイスト。

 中盤以降になると、ふわりと甘みが強くなる。芳ばしい焼き菓子の風味が口内に広がる。約20分で喫煙終了。

 イメージされる情景は、ヨーロッパにいまも残る古城。その石造りの回廊。

 私的分類としては心身を鎮静し、思考や意識のレベルを深くしてくれるリラックス系。

 夜がふさわしいシガーだ。ひとり書斎で―――例えば哲学的なことなどに想いを巡らせながら吸いたい。