ビリガー プレミアムNo.8

 スイスのシガーブランド、ビリガーのプレミアムNo.8は長さ107mm、太さ12.5mmのハーフコロナ系。

 ラッパーはスマトラ葉。「スペシャルなパイプたばこブレンドが特徴」とあるので、本体はパイプ葉の葉を使っているということなのであろうが、着香はされておらず、王道的なビター系葉巻の味わいを楽しめる。

スパイシーな旨味とココアのような甘さ

ビリガー プレミアムNo.8

 表面はわずかな発酵臭とともにチョコレートっぽい香りも漂う。

 着火。ドローは良し。味はなかなか濃い目だ。

 ほろ苦さをともなったスパイシーさ。その中にある旨味。奥底にはココア風味を伴った甘味がある。

 急いて吸うとちょっと辛味や刺激が強くなりすぎるかもしれない。落ち着いてゆっくり燻らせたい。強さはちょっと重めのミディアム、あるいは軽めのフル。

 喫煙時間は20分程度か。このサイズであればそんなものだろう。

 私的分類では何かの作業や労働後にゆったりさせてくれそうなリラックス系。

 同じようなサイズ感の5本入りドライシガーの中では質が良く、かわりにちょっとお高い。とはいえあくまでちょっとなので、好みに合うならデイリーシガーに採用してもいいだろう。