ダヌマン チューブスマトラ

 ドイツのシガーブランド、ダヌマンのチューブスマトラは、その名の通りスマトラ葉のシガーをチューブに入れてある商品。

 1箱3本入りのセットで販売されており、一本の長さは約152mm、太さは約16mmと、コロナ系のサイズになる。

鮮明なスマトラ葉のうまみ

ダヌマン チューブスマトラ

 プレミアムシガーに比べればリーズナブルだが、ドライシガーの中では結構高価な部類となる。

 吸い始めてすぐ、ちょっと驚かされる。東南アジアタバコ独特の、あのえぐみのある苦さが極めて控えられている。

 そのかわりに感じられる、熱帯の果実をイメージさせられるような甘味や旨味は―――うむ、東南アジアタバコのものだ。

 その甘味や旨みも弱いものではない。味は鮮明で濃い。やはりいいリーフを使用しているものらしい。

 ドローはちょっと硬いかな? けれどもあまり気にならない。煙の味がしっかりとしているので、そんなに大量でない煙でも不満には感じない。

 煙の強さとしてはライトな方だろうか。個人的にはこのくらいのほうが吸いやすくていい。

 終盤になるとさすがに苦味やえぐみも出てくる。それはそれとして楽しんでもよし、もう「お腹いっぱい」であればそれでやめてもよしである。

 私的分類では脳や神経をすっと穏やかにしてくれるようなリラックス系。

 喫煙時間は50〜60分か。ゆったり吸う時間があるならば、昼でも夜でも、いつでも楽しめる葉巻かと思う。