ロメオYジュリエッタ ロメオ No.2

 ロメオYジュリエッタのロメオシリーズの真ん中に当たるロメオ No.2である。サイズ的にも真ん中で、No.3より大きくNo.1よりは小さい。

 そこそこの長さと、細めのボディ。クラシカルでエレガントな外観にふさわしく、その味や香りも気品にあふれている。

華やかな状況で吸いたい一本

ロメオYジュリエッタ ロメオ No.2

 サイズは5.08インチ42RG(長さ約129mm・直径約16.67mm)。ちょっと長めのペティコロナといった感じか。

 シザーでフラットカットして火を付ける。

 吸ってみる。細長いタイプなのでちょっと不安だったが、ドローは問題ない。

 フルーティな甘さと、華やかな花の香り。その甘さ、香りを楽しみ、煙を吐き出したあと舌に残る、旨み、コク、スパイス感。

 香りに癒されながら吸ってゆくと、やがてスパイス感が強まり、わずかなビターさも出て、同時にクリーミーな感覚も現れる。花の香りがするカフェオレの印象。

 終盤、旨みがグッと強まる。キューバンシガーらしい、吸い終わるのが惜しくなるような濃厚な旨みだ。

 ボディはライトミディアム。軽めの喫味だ。喫煙時間は45分。

 イメージされる情景は、咲き乱れる無数の白百合。

 私的分類としては、華やかなくつろぎを与えてくれるリラックス系。

 昼でも夜でも、室内でも屋外でも良さそうなシガーだが、やはりこの高貴さ、上品さにふさわしい、華やかな状況で吸いたい一本である。