コイーバ シグロ2

 コイーバの代表的シリーズ、シグロのNo.2を吸ってみたい。

 大きさ的には5.08インチ42RG(長さ約129mm・直径約16.67mm)とペティコロナ系になる。

高級なる安らぎの世界へ

コイーバ シグロ2

 本体からは木の香り。その深い部分にチーズっぽさを感じる。

 フラットカットして着火。旨みを予感させる、芳醇な芳ばしい香りが立ち昇る。

 吸ってみる。まず感じるのは、柔らかだが強いスパイシーさ。深煎りだがあっさりとしたコーヒーの風味。わずかなタニックさもあるが、いい隠し味となっている。
 
 ドローはやや重い―――のでピアースで調整。芳醇な煙がたっぷり出てくるようになった。

 中盤からは栗を思わせる甘みも出る。香りの中に含まれる、リッチで上品な旨み。

 最終盤、旨みがグッと強くなる。適度な塩気とミルキーさ。バターの味わい。心身がほぐれ、とろける感覚。

 ボディはミディアム。喫煙時間は45分程度。

 イメージされる情景は、暖かな光で満たされた高級バー。

 私的分類としては、上質な旨さで安らぎの世界へ誘ってくれるリラックス系。

 コイーバの中では気負わず吸える一本なのかもしれないが、それでも高級な最上質のシガーだ。特別な時間に、瞑想するかのように集中してじっくり吸いたい一本である。