【WhiskeyReview】メーカーズマーク - おなじみ深紅の封蝋。冬小麦を使った甘くやわらかなバーボン【USA】

 真紅の封蝋が何より目を引くメーカーズマーク。この封蝋はそれぞれ手作業で作られており、どれも世界でひとつのものなのだそうな。

 このアメリカを代表するクラフト・バーボンは、原料にライ麦ではなく「冬小麦」を使用することが特徴とされる。それによって、口当たりを甘く、やわらかくしているとのこと。アルコール度数は45度。モルト&グレーンによるバーボン。

強さの奥にある芳醇な甘さの蕾はいつ花開くか

 香りを嗅いでみる。甘さ、フルーティさの膜の奥に、奥深い渋みや旨みを予感させるものがある。

 ストレートでちびりと。辛くはある。だがその中に、バニラ、柑橘、蜂蜜をイメージさせる濃厚な甘さもある。

 加水してみよう。辛さがふんわりと和らぎ、なめらかでまろやかな甘さが広がる。オレンジの酸味が、甘さを引き立てる。

 氷を入れてロック。ビターさがキリリと引き立つとともに、甘みもまた切れ味を増す。渋みが甘みを引き立てるので、なんならいちばん甘さを感じやすいのではないか。

 ウィスキーソーダ。スイートでさわやか。ソーダ水で割っただけで、フルーツカクテルのように甘いお酒となる。

 バーボンらしく甘さを堪能できるウィスキーだが、この甘さは「冬小麦」を使ったメーカーズマーク独自のものでもあるだろう。

 華やかなアロマを堪能できるお酒でもある。クラフトというだけあって丁寧に作られたメーカーズマーク、同様に時間をかけながら丁寧に味わいたい。