ロールミーアップ マルチホルダー

 クラブサイズのシガリロを快適に吸うためのアイテムとして、8mm径(一般的な紙巻きたばこのサイズ)のシガレットホルダーを紹介したが、ではミニシガリロはどうすべきか。

 ミニシガリロの太さは、様々なショップ等で公開されているデータによれば8mmとのことで、それなら通常シガレットホルダー でよさそうなものだが、シガリロは吸口が多少しぼられて細くなっているので、8mm径の穴に差し込んでもうまくはまらずポロリと落ちてしまう。

 ミニシガリロにはスリムタイプのシガレットホルダーがおすすめだ。今回紹介するロールミーアップは5~7.5mmのタバコを差し込めるマルチホルダーなので、商品による差、あるいは同じ商品における微妙な個体差にもうまく対応してくれるだろう。

ミニシガリロを快適に吸うための必須アイテム

ロールミーアップ マルチホルダーとミニシガリロ

 軽く差し込んだだけだと落ちるかもしれないので、シガリロが折れたり曲がったりしないよう気を付けながら、ちょっとねじ込み気味に入れるといい。

 シガレットホルダーをつけて吸うと、それだけで煙がクールになり、甘く感じられる。

 内部にはジグザグ等の、手巻きタバコ用6mmフィルターを付けられるので、ミニシガリロの刺激がキツすぎる、というひとはフィルターをつけて吸ってみるのもいいだろう。

ロールミーアップ マルチホルダー ミニシガリロ喫煙後

 差し込み方次第だが、5~10mm程度までわずらわしさなしで吸える。持つところに悩んだり、爪楊枝を使ったりしなくてもいい。吸口が唾液でぐちゃぐちゃにならぬよう気をつける必要もない。

 ミニシガリロを快適に楽しみたいなら、この手のスリムタイプシガレットホルダーは必須だ。