【WhiskeyReview】ブラックニッカ ディープブレンド - ウィスキーの深き世界へ、沈み込んでいくような酒【Japan】

 ブラックニッカのディープブレンドを飲んでみるべく購入した。

 ブラックニッカの中では、クリアブレンド、ディープブレンドの上位となる単純に高級タイプなのかな? と思っていたが、アルコール度数は45度である。高級であるとともに、ちょっと強いウィスキーであるようだ。

夜、ひとりで、瞑想的に飲みたいウィスキー

 ラベルの濃紺は“青い夜”をイメージしているとのこと。濃い琥珀色のウィスキーも、その名にふさわしい深さを感じさせる。

 グラスに注いで香りをチェック。案外澄んだ、それでいて奥深い香り。フバニラ、その奥にあるビターな樽の匂い。

 ストレートでちびりと飲む。強いだけあって、舌と喉にガツンとくる刺激。それでいて雑味は少ない。バニラ感のある甘味と旨味がバランスよく融合しているウィスキーの味。

 ちょっぴり加水。まったりとまろやかになり、ふわりと甘みが香る。また同時に、ストレートだと刺激や強さ、甘さの奥に隠れて気付きにくかった、苦味や渋み、スモーキーでウッディな風味がじんわりと感じ取れるようになる。

 ロック。香りがより鮮明になる。甘みの切れ味が増し、その後でいい苦味や渋味、ビターな余韻がしみじみと沁みる。

 ウィスキーソーダに。ちょっと不思議な感じがする。うまいにはうまいが、加水したときにもあったまったり感がまだ残っており、それが炭酸水との相乗効果で増幅された旨味成分と調和しているような、していないようなといった感じである。

 ふと思いついてレモン果汁を足してみる。私は普段、ウィスキーソーダを作る際、レモン果汁はあまり入れない(面倒だったらまったく入れない)タイプなのだが、あえてレモンを多めに入れると、味が引き締まり、まとまりが良くなったように感じられた。ともあれこの味の評価は、実際に試してみられた人にお任せしたい。

 公式のおすすめはロックだそうだ。夜、書斎でひとり、この酒の奥深い味をしみじみ楽しみながら、自分の心の深い部分を探求する、まさにディープなウィスキーであろうかと思う。