【WhiskeyReview】知多 - 気軽に買えるジャパニーズ高級ウィスキー入門編【Japan】

 ちょっと贅沢に家飲みしたい気分なので、コンビニで知多の小さいやつを買った。

 180mlで¥1130だからなかなかのお高いお酒ではあるものの、一方¥1130なら手が出せないわけでもない。

黄金色のシングルグレーンウィスキー

 知多はトウモロコシ等の穀物から作られたグレーンウィスキー。知多蒸溜所で作られたもののみを使用しているので、シングルグレーンウィスキーとなる。

 グラスに注いで、香りを嗅ごう。ふわりと優しく滑らかさを感じるフルーティな香り。

 ストレートでちびりと。フルーティで上品な甘さと同居するスパイシーさのある旨み。

 適度な心地よい刺激。飲みやすい。ストレートは味見のつもりだったが、苦もなくすいすい飲み進められるので、ちょっと飲み過ぎてしまった。

 ちょっと加水してトワイスアップに。甘みがメインになる。とろりとしたまろやかさが出る。

 氷を入れてロックに。キリッとした渋さ、苦さが強まる。うまいウィスキーの渋味をじっくりと楽しめる。

 炭酸水でウィスキーソーダ。旨味が前面に来る。様々な要素を含んだ複雑な味わいが、とてもバランスよく調和したような旨味。よくできたスープを連想する。そんな良バランスの旨さが濃厚に、かつさわやかに楽しめる。

 公式もおすすめする“風香る”知多ハイボール。しみじみとうまい。

 前述通り、小さいタイプなら価格的にも手を出しやすい、国産高級ウィスキーの入門編とも呼ぶべきお酒。日頃がんばる自分へのご褒美に、ちょっと奮発してみるのもいいのではないだろうか。