【日本のリーズナブルウィスキーレビュー集】ブラックニッカスペシャル

 ブラックニッカスペシャルは同シリーズの中でもちょっと不思議な立ち位置の商品である。

 公式HPなどでも紹介されていないし、大きくプロモーションもされていない。

 しかしお店などでは―――特別な専門店などでなくても―――普通に売られている。私は某ドラッグストアで購入した。

力強さをほのかに彩る甘さとバニラ

 それはともあれ飲んでみよう。42%で、モルト&グレーンのブレンデッドである。

 まず香り。ツンとするアルコールの匂いもあるがわずか。旨みを予感させる力強いモルトの香りが、甘くフルーティなグレーンの香りでほんのりと装飾されている。

 ストレートで飲んでいる。ニッカのウィスキーらしい辛さとスパイシーさに包まれた旨み。余韻として残る甘さとフルーツ感。

 加水してトワイスアップに。尖った部分が消え、やわらかくまろやかに。それ以外は、味そのものに大きな変化はないかもしれない。旨み、ビターさ、そこにほんのり含まれるスモーキーさ、余韻の甘さやフルーティさ、そういうものを落ち着いて探求できる。

 ロック。味が引き締まり、ビターさが強まると同時に旨みもまた増幅する。とろりとした感触とともにそのほろ苦い旨みをじっくり楽しめる。

 ウィスキーソーダ。旨みとともにビターさもかなり残る。ちょっとめずらしいかもしれない、ビターなウィスキーソーダとなる。余韻として残るほのかな甘さとバニラは、また次の一口に感じるビターな旨さを引き立てる。

 ブラックニッカクリアブレンドが、その“らしさ”を保ったまま、やや無骨に、それでいて円熟に成長を遂げた―――そんな印象を受けるウィスキーである。