エンジェルウィング・シガレットフィルター

 シガリロを吸うためのシガレットホルダーも、本格的なものとなるとそこそこのお値段になる。

 シガレットホルダーにまで高い金を出してはいられないという人には、使い捨てではあるが、100円ショップダイソーで売られているエンジェルウィング・シガレットフィルターをおすすめしたい。

 だが私がこれをいいと思う理由―――それは単純に「安い」というだけではないのだ。

雑味や刺激を取り除き、ピュアな甘みを引き出す

エンジェルウィング・シガレットフィルター

 エンジェルウィング・シガレットフィルターは、使い捨てシガレットフィルターとしてはとても優れた商品だと思う。

 まずドロー、つまり吸い込みがよろしい。使い捨てのヤニ取りシガレットフィルターの中には、やたら吸い込みが悪いものもあるが、こいつはそんなことはない。

 長さもそこそこあって良い。クロレラパイプのように短いものより持ちやすいし、やはり長めのシガレットホルダーを通して吸うと、それだけでタバコの煙はおいしくなる。

エンジェルウィング・シガレットフィルターとクラブシガリロ

 差込口の直径は、クラブサイズのシガリロにぴったり合う(上はクラブシガリロを差し込んだ画像)。

 レギュラー・スリム共用なので、奥まで差し込めばミニシガリロでもOKだが、ミニシガリロの場合はちょっとゆるいかもしれない。ポロリと落ちないよう注意する必要はある。

 フィルターが邪魔だ、というなら、パイプモールや細い針金などで押し出すことも可能。そうすれば、洗って繰り返し使うこともできるだろう。

 ただこのフィルター、シガリロを吸うにおいて、なかなか悪くないものなのではないかとも感じる。

 パッケージによると、「ビタミンCや特殊加工繊維で危険因子の吸引を低減」とある。そのへんの科学的なことの是非はよくわからないが、確かにどんなタバコでも、味がまろやかかつ純粋になるように感じられる。

 シガリロは本格的なシガーに比べ、どうしても刺激がキツい。慣れないうちは口内に焼けたような感覚を得ることもあるし、ニコチンだって強い。独特の苦味や雑味をたんまり含んでいるものもある。

 シガリロ好きな人間にとっては、

「それがいいんじゃないか」

 というようなことでも、初心者にはつらい。

 このエンジェルウィング・シガレットフィルターを使えば、そういったキツさや苦味、雑味がかなり緩和され、タバコの純粋な甘みをわかりやすく楽しむことができる。

 実際私自身も、同じシガリロを「フィルターなしシガレットホルダー 」「エンジェルウィング・シガレットフィルター」で吸い比べてみた場合、どっちがいいかは悩んでしまう。

 やはりフィルターを通すと風味は薄くなるのだけれども、味わいはピュアになり、吸いやすくなる。

 どっちがうまいか、甲乙はつけがたい。

 またときどき「これはハズレだったな」と感じるまずいシガリロに巡り合ったときでも、このフィルターを通せばおいしく吸えることもある。

 他のシガレットフィルター同様、クラブの場合最後の5mmくらいまではストレスなく吸える。ただミニシガリロは奥まで差し込まなければならないので、1cm弱残ってしまうだろう。

 なんにせよ10本で¥100(+税)だ。ダイソーに行く用事があったら、試しに購入してみてはいかがだろうか。