パルタガス プリトス

 パルタガス (ドミニカ)のプリトスは、通常は10本セットを缶入りで売られているティンシガー。

 シガーコネクションのティンシガー15本セットに含まれていた一本である。

パルタガスらしい味わいをスムースに

パルタガス プリトス

 着火して最初のひと吸いから、旨味と甘味の融合体のようなおいしさが口の中に流れ込んでくる。

 小ぶりなボディにはタバコ葉がぎっしりと詰まっている。ドローは軽いとはいえないが、じっくり吸うならこれくらいがちょうどいい、という程度。

 強めに吸うとビターさが出る。しかし悪いビターさではない。上等の魚介類などに含まれるような、美味いほろ苦さだ。

 味わい自体はパルタガスらしいが、煙の刺激はそれほど強くない。スムースでマイルド。

 イメージされる情景は、冬の海。地上から見たその姿は常に荒波をうねらせているが、その海底には静謐さがある。その静謐さの中で瞑想する。

 最後の方になると、「夢から覚める時間だよ」と教えてくれるかのように、ビターさが前へ出てくる。そのビターさをしみじみと味わいながら、喫煙を終了する。

 私的分類では、気分がすっと冴えてゆくアップ系。

 実際、喫煙後は脳や神経系統がリフレッシュし、クリアになったかのような感覚を覚えた。