ロッキーパテル ジュニア ヴィンテージ1992(黒缶)

 ホンジュラスの名ブランド、ロッキーパテルのティンシガー“ジュニア”シリーズの黒缶である。

 名称はロッキーパテル ジュニア ヴィンテージ1992。シックな外見にふさわしい、渋めのお味のシガーだ。

疲れをときほぐすうまいビターさ

ロッキーパテル ジュニア ヴィンテージ1992(黒缶)

 長さ約102mm、太さ約14mm。パンチカットして着火。

 ドローはいい。ドローが酷かったり、味が変な個体にほとんど当たらないのが、ホンジュラスやニカラグアのシガーのいいところだ。

 序盤に来るのは強めのスパイシーさと塩味。その中にある太い旨み。奥の方にわずかなチーズ感。ビターさもある。いい意味で渋味がある。

 中盤以降、ほろ苦さが強まる。実にうまい苦味が染み渡る。心身の疲れがほぐれてゆく感覚。

 イメージされる情景は、薄暗い老舗のバー。その一番奥の席で、過去を回想しながら紫煙に包まれる。

 私的分類としては、心に侘び寂びを与えてくれるリラックス系。

 似合うのは夜だろう。日が暮れたのち、お酒やコーヒーを飲みながらしみじみと吸いたい。