コイーバ ホワイト クラブ

 コイーバのホワイトはキューバでもっとも有名なブランド、コイーバが出しているシガリロのひとつ。

 真っ黄色のパッケージでお馴染みの通常タイプに比べると、マイルドなブレンドとなっているそうだ。

穏やかかつ澄んだ極上な旨み

コイーバ ホワイト ミニシガリロ

 キューバ製らしい、ナチュラルかつワイルドなシガリロ本体からただようのは、意外と上品ないい香りだ。どこかフルーティな甘さすら感じられる、不思議な匂い。

 着火。スイートな煙が口の中に入ってくる。なるほど通常のコイーバシガリロに比べると、ライト。その甘さも、どこか澄んであっさりとしている。しかし決して薄くはない。

 十分に濃厚。濃厚だが、澄んでいて、かつ奥深い。

 序盤は甘みと、その奥にある旨味がメイン。中盤以降は、そこにビター感が混じってくる。甘みと、旨味と、ほろ苦さ。それらが交わった、実に「うまいなぁ…」と思わせる味わいにうっとりとする。

 黄色パッケージの通常タイプでは強すぎるという人や、女性の方にもオススメできるシガリロではないかと思う。

コイーバ ホワイト クラブ・ミニシガリロ カタログ

 タバコ屋で貰ったハバノスシガリロガイドによれば、味わいの強さは3。モンテクリストやロメオYジュリエッタと同じだが、個人的にはモンテクリストよりはちょっと軽く、ロメオよりはちょっと重いように感じる。

 クラブサイズとミニシガリロサイズでは、基本的な味わいは変わらないが、ミニシガリロの方が辛みや刺激は強い。ただそれでも、十分に甘く、うまい。 

 私的分類では、これはリラックス系にしたい。コイーバのうまさをじっくり味わいながらくつろぐ、そんな時間に適している。

 お値段は、シガリロにしては、そりゃあ高い。いや、別に高くはないか。このうまさ、恍惚感をこの価格で味わえるのなら。