ロメオYジュリエッタ(ドミニカ)1875 ロメオズ

 ドミニカン・ロメオYジュリエッタのロメオズはプリトスサイズのティンシガー。

 他のロメオシガーのものとは異なる、シンプルなゴールドリングが目を引く。

 シガーコネクションから購入したティンシガーフルセットに含まれていた一本である。

力みや緊張をほぐすビターさ

ロメオYジュリエッタ(ドミニカ)1875 ロメオズ

 長さは約102mm、太さは約12mm。缶入りシガーによくある、四角いシェイプをしている。

 本体からはほのかな干し草の香り。ドローはきつくもなしゆるくもなしでちょうどよし。

 味わいとしては、スパイシーな旨みが良質なビターさの膜に包まれている、といった感じ。

 そのさらに奥には渋みと甘み。それらがあるかなしかのフルーティ感を生み出している。

 強く吸うと渋みが目立ってくる。ゆったり吸いたい。

 紫煙をぽかぽかふかしていると、余計な力みや緊張がほぐれ、心身が心地よい倦怠感に包まれる。

 イメージされる情景は、古典名画がさりげなく飾られている書斎。

 私的分類としては、オトナのくつろぎを与えてくれるリラックス系。

 夜、おいしいお茶かお酒を楽しみながら吸いたいシガーである。